ホーム > 糖尿病 > 糖尿病患者の多くは高血圧

糖尿病患者の多くは高血圧

糖尿病である人のおよそ4割から6割が高血圧とされています。

これは糖尿病でない人が高血圧である割合の2倍といわれています。

また逆に、高血圧の人が糖尿病になる割合もまた、高血圧でない人よりも2~3倍も高いとされています。

このように、糖尿病と高血圧は因果関係があるようです。

それはどのような理由からなのでしょうか。

一般に、糖尿病には肥満の体型の人が多くみられます。

肥満の人は、交感神経が緊張してアドレナリンやノルアドレナリンなどの血圧を上げる作用があるホルモンが多く分泌されることになります。

そのため肥満の人は高血圧になりやすいのです。

また血糖値が高いことは体の細胞から水分を引き出したり、腎臓からの水分の吸収が増えたりすることによって体全体の体液および血液が増えることになります。

その結果、血圧が上がることになります。

ほかにも、インスリン抵抗性の問題があります。

インスリン抵抗性とは、糖尿病になる直接の原因ともされているもので、血糖値を下げる働きのあるインスリンの作用が効きにくくなっている状態をいいます。

このように、高血圧と糖尿病は密接な関係がありますが、ほかにも高血圧の人はいわゆるメタボリックシンドロームや糖尿病性腎症など、危険な病気の進行を加速する危険があります。

対策としては、食事療法や運動を積極的に毎日の生活に取りいれることです。

食事では適量で栄養バランスのとれた食事を、特に塩分を控えめにして摂ることです。出典:糖尿病の食事療法 | 5つの基本ポイント

肥満の方は無理なく減量するようにしましょう。

ストレス解消も大切な要因です。