ホーム > 便秘 > 乳幼児の便秘で綿棒を使った浣腸の方法

乳幼児の便秘で綿棒を使った浣腸の方法

乳幼児の便秘で家庭でも手軽に行なえて比較的に即効性があるのは、綿棒でお尻を刺激する綿棒浣腸です。

 

小児科医院でも使われる安全な方法ではありますが、幾つかの注意点やコツがありますから、失敗しないように事前に調べておきましょう。

 

まず注意点ですが、乳幼児のお尻が切れていたり、傷があるような場合は、傷を悪化させますし、ひどい痛みが生じますからやめておきましょう。

 

また、便が硬くなって肛門から見え隠れしているようなケースでは綿棒浣腸ではなかなか取り除けません。これらの場合は、やはり小児科で診てもらうほうが安心です。

 

実際に行なう場合の注意としては、刺激をしている最中にウンチが飛び出すこともありますから、床を汚さないように新聞紙などを敷いておきましょう。

 

使う綿棒は、ベビー用だと硬くて細いのであまり適していません。通常の大人が使うサイズの綿棒を用意します。

 

綿棒浣腸で心配なのは、お尻に入れている最中に乳幼児が暴れてしまうことです。

 

ですから、しっかりと体を抑えておかなくてはなりません。できれば大人2人で協力し、一方が体を抑えておく係になるのが安心です。

 

具体的なやり方ですが、乳幼児をオムツを替えるときのような格好で仰向けに寝かせます。

 

次に綿棒の先にベビーオイルやオリーブオイルなど潤滑油となるものをたっぷりと塗っておきます。

 

ちょうどオムツを替えるときのように自分の片手で、あるいはもう一人の人が、子どもの足をしっかりとおさえて持ち上げます。

 

だいたい綿棒の先のふくらんだ部分が隠れてしまうぐらいまで綿棒を子どもの肛門にゆっくりと入れていきます。

 

入れたまま何度かツンツンという感じで刺激してしばらく様子をみてください。

 

何も変化がなければ、今度は綿棒を入れたまま肛門を広げるかのようにゆっくりと円を描きます。

 

このような動きで数回やってはやめるを繰り返して、たまったものが出るまで様子を見ます。

 

長くやれば出るというものでもありませんし、乳幼児に負担になりますから1回に行なう時間は2分間程度にとどめておきましょう。出典:子ども便秘解消法.com


関連記事

  1. 乳幼児の便秘で綿棒を使った浣腸の方法

    乳幼児の便秘で家庭でも手軽に行なえて比較的に即効性があるのは、綿棒でお尻を刺激す...

  2. 妊婦の便秘をプルーンで解消する

    プルーンは、便秘解消に役立つ成分が多く含まれており、また妊婦のからだに必要な栄養...