ホーム > 便秘 > 妊婦の便秘をプルーンで解消する

妊婦の便秘をプルーンで解消する

プルーンは、便秘解消に役立つ成分が多く含まれており、また妊婦のからだに必要な栄養素も含まれていますから、日ごろから常備しておきたい食材です。

 

まずプルーンには便のもととなる食物繊維が多く含まれています。

 

しかも、食物繊維の中でも不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方を含んでいますから、便の硬さや腸の働きをちょうど良い具合に整えてくれる働きがあります。

 

またプルーンに含まれるソルビトールという成分も排便を促す働きがあります。

 

他にもプルーンには鉄分が多く含まれていますから、貧血を起こしがちな妊婦にとっては日ごろから摂取しておくことが貧血予防にもなります。

 

注意点としては、食べ過ぎると下痢になることがあるようです。

 

さらにプルーンに含まれるビタミンAは、妊婦が過剰に摂取することは奇形児出産につながることがあるともいわれています。妊娠の便秘と吐き気に対処する

 

しかし、そうした害は通常考えられる範囲を超えた量を摂取した場合のことであり、普通に食べられる量を食べ続ける限り、何ら心配する必要はありません。

 

ただ他の栄養分とのバランスも大事ですから、プルーンを毎日食べるのであれば1~3粒ぐらいが適量といえるかも知れません。

 

そのぐらいの量で食べ続けてみても、効果を実感できない場合もあるかもしれません。どんな便秘解消法でも、体質の違いなどから合う合わないがあります。

 

こうした場合は、摂取量を増やすよりは別の方法を試してみたほうが良いかもしれません。