ホーム > メニエール病 > メニエール病のスポーツや乗り物に乗る際の注意点

メニエール病のスポーツや乗り物に乗る際の注意点

移動する時の乗り物には注意が必要なこともあるでしょう。

 

もし、強いめまい発作を起こしてからさほど日数が経過していない時期にはめまいを起こしやすい状態が続いており、電車やバスなどの揺れによりめまいを引き起こすことがあるのでしょう。

飛行機は揺れも比較的に少ないため良いのですが、気圧の変化からメニエール病の発作の誘発に影響を与える場合があるのでしょう。

 

 

この病気の特徴は、めまいが前触れなく突然初まり、ほとんどの人が立っていられないほどの厳しい症状に見舞われます。

視野がグルグルと回り初め平衡感覚がなくなった状態になります。

それは、一日中つづくことはなく、徐々に収まっていきます。

 

 

 

めまいがひどい時は安静に寝転ぶことが肝心です。仕事のやり方や職種に持ちがいがメニエール病からくる発作が現れた場合はその時は多かれ少なくとも、影響があるのは避けられないでしょう。発作が起きなかったら、問題にもならずに日常生活が普通におくれますが、病気の人にはかなり悲しいことでしょう。

 

メニエール病は難病指定されている病気で、症状が全くでない様にすることは困難です。治ることがむずかしい要因の一つは、病気の認識不足にあるでしょう。何度も発作を起こすことにより病状は悪くなっていくので、そのうちに改善が難しくなる事が多いです。

メニエール病ではないかと思われたときは、早目に受診することを提案します。

 

メニエール病とうつ病は深い関連のある病気です。うつ病を発症した際にも、耳鳴りやめまいなどの症状を起こすのです。

 

 

 

こちらのめまいは心因性のめまいに属し、三半規管など耳の器官の病気からくるめまいとは分けられているのですが、いったんはメニエール病の診断をうけ治療をうけても回復が難しく、実は心因性によるめまいだったというケースもあるでしょう。耳の中の器官である蝸牛に水がたまると耳鳴りや難聴、めまいは三半規管や耳石器に水がたまると起こります。蝸牛、三半規管、耳石器のすべてに水がたまる事も多くあるでしょう。酷い発作が起きたときはそのうえ吐き気・嘔吐・動悸までもが合わせて現れます。この様な症状が出る頻度は人により、一年中、症状に悩まされる方もいれば、一年間のうちに数回しか症状が出ない方もいます。

上下の方向が分からなくなり溺死するケースがあるといわれているのです。一般的にメニエール病は圧力の変化に敏感であるが故にお勧めできません。各種のスポーツが他にもあるでしょうが、それぞれ医師とよく相談をして頂戴。

ストレスが多い女性がなりやすいメニエール病の治療とはいつおきるかわからない強い発作が起きた時は安静にしめまいをおさえるための薬を使います。

 

内リンパ嚢手術をする事で70~90%の人が改善しますが内耳内の手術なので聴力をなくす場合が注意しなくてはいけません。メニエール病を完治させる方法こちら

 

 

 

日常生活での治療法があり食事による治療は改善が見込めることから有効があると言われており自分なりのセルフケアも同時に開始することが大事になります。